サプリメント普及ラボ

生活の質が上がる?!
もうストレスには悩まない
「睡眠導入サプリメント」
が流行っている理由とは

普段、ベットに横になってから、すぐ寝ることができていますか?

もし、寝付けないことが多いのであれば、危ないかもしれません

夜遅くまでの作業
度重なる夜更かし
仕事が忙しい、寝る時間がない、ストレスが溜まる

その結果

疲れているのに眠れない
考え事をして寝付けない

そういった悩みを抱えていませんか。

実は、日本人の40%が睡眠障害で悩んでいるんです。

睡眠の変化は日々の生活に大きな影響を与えます。
あなたも経験しているのではないですか。
眠い、疲れが取れないことで、仕事に支障をきたすだけでなく、休日は寝過ごしてしまう。

せっかくの休みが無駄になるどころか、仕事でのストレスはたまる一方。
自分の時間を持つことができない。

もっと効率的にやれば…
私はなんてダメなんだ…

と自分を卑下してはいけません。その問題、睡眠の質が原因かもしれません。

睡眠不足は健康面で様々な悪影響を及ぼします。
1.身体的問題
疲労が残るため、体が思うように動きません。さらに、悪化するとめまいや嘔吐など生活に悪影響を与え、歩くことだけにとどまらず行動する力を一時的に失うケースが存在します。


2.精神的問題
十分な睡眠をとらないと、脳機能が低下するため、ストレスに弱くなるという問題が起こります。普段は、何も感じないことが睡眠不足のせいで思考が変わるということはよくあることです。
また、思考をまとめ、結果として気持ちを落ち着かせることにつながります。寝て、起きたら昨晩の悩み事を忘れていたなんて経験はありませんか。それは脳機能の働きによって行われています。脳機能を正常に保てないとこれらの機能を十分に使うことができないため、考え事がまとまらず混乱したり、意識がぼんやりとしてしまうのです。

上記の内容は睡眠不足の方にありがちな出来事で、当然睡眠の質を改善すれば心と体の健康を整えることができます。

では、どうすれば改善できるか。それは、食生活を見直すことです。

睡眠補助サプリメントは、睡眠における必要な成分を多く含んでいます。しかし、睡眠薬同様、使用して間もない頃は効果をすぐに実感できます。問題は、使用期間が長ければ当然体が慣れてしまい効果が薄れてしまうのです。他にも過度な摂取はむしろ睡眠だけでなく体調が悪化するので控えましょう。
睡眠薬は大量に摂取すると最悪死に至るほど危険なものです。しかし、効果を実感した人は睡眠薬を飲んで眠れたという経験から飲み続ける傾向にあります。その結果、万能役と勘違いしてしまい致死量摂取してしまうのです。

このように、一時的であれば問題ないものの長期的にみると根本的な改善が必要になってきます。

実は、日本人に不足しがちな栄養素があるんです。それが近年生活の乱れにつながっているなんて話があるとか。

それは、トリプトファンとGABAです。

GABAは、キノコ類、トマト、発酵食品などに含まれ、心身をリラックスさせる働きのある栄養素です。

トリプトファンは、睡眠ホルモンの素となる大切な栄養素で、ビタミン同様体内で作ることのできません。
そのため、納豆、豆腐、味噌のような大豆製品。
卵、牛乳、牛肉、マグロのようなたんぱく源となる食品。
そして穀類やバナナから摂取することができます。

普段、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜、カップラーメンなどを主食としている方は、特にこれらを意識して摂取することを心掛けてみてください。

また、睡眠補助サプリメントにはGABAをはじめ様々な睡眠のための栄養素が含まれています。

直ぐに効果を実感したい方は、サプリメントで補うことが必要です。しかし、同じ成分のサプリメントをたくさん取りすぎると、肉しか食べないというような偏った摂取になるということは気に留めておかなくてはいけません。

上記の食品は簡単に手に入るものばかりで、普段から偏った食生活をしている人にとっては気にして入るもののどれがいいかわからなかったのではないでしょうか。

睡眠補助サプリメントの原材料から関連した他の食品を自分で探してみるというのも一つの手です。例えばL-テアニンというリラックス効果が期待できる成分があります。これは緑茶に多く含まれており、基本的に睡眠補助サプリメントにも含まれています。このように緑茶に含まれているとわかれば、普段飲んでいるコーヒーを緑茶に置き換えるなどして色々と試すことができるのです。

以上が日本人に必要な睡眠に適した栄養素の紹介でした。
今話題のCBDも検索してみるとためになるかもしれません。その場合海外から購入することをおすすめしますが…まだ規定がしっかりと定まっていないが、睡眠にとっても効果があるため爆発的な成長を遂げている市場です。是非、お見知りおきを

タイトルとURLをコピーしました